HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【薬王堂HD】売上高堅調、過去最高益に‐21年2月期決算、ホーム部門が牽引

2021年05月13日 (木)

 東北エリアにドラッグストア等を展開する薬王堂ホールディングスの2021年2月期決算(連結)は、新型コロナウイルス感染拡大の影響や消費増税の反動減などの要因もあったが、売上高は堅調に推移し、前期比8.3%増の1105億円となった。一方、利益面については、販管費率を低下できたこともあり、営業利益、経常利益、当期純利益とも過去最高を更新。営業利益は27.1%増の50億円、経常利益は23.5%増の53億円、当期純利益は5.4%増の33億円となった。

 同社の21年2月期は、既存店売上高がほぼ計画通りに推移した。既存店の客数や1人当たり買上点数に関して、西郷辰弘社長は、動画配信した決算説明会で「新型コロナウイルス感染症関連の影響により、客数が増加し、1人当たり買上点数が減少するという状況が続いていたが、それも一巡して直近では前期に対する反動で客数が減少し、1人当たり買上点数が増加している状況になっている」と説明した。


[ 記事全文 ]

* 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。



‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事

検索
アカウント / RSS
RSSRSS
薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
注目企画
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
製品・サービス
薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
新聞速効活用術
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報