HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

3社と7人起訴内容認める‐医薬品卸談合疑惑の公判で

2021年05月14日 (金)

 大手医薬品卸4社による地域医療機能推進機構(JCHO)発注の医薬品入札に関する独占禁止法違反(不当な取引制限)容疑の公判が、4月27、28の両日と今月10日に東京地方裁判所で行われた。被告のスズケン、東邦薬品、アルフレッサの3社と関係者7人は、いずれも起訴内容を認め、検察側は企業に罰金3億円、当該者に懲役2年等を求刑した。6月には判決が下る見通し。

 事件捜査の経緯は、メディセオを加えた大手医薬品卸4社が、2019年11月27日に公正取引委員会の強制調査、20年10月13日に公取委と東京地検特捜部の捜索を受けていたというもの。


[ 記事全文 ]

* 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。



‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事

検索
アカウント / RSS
RSSRSS
薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
製品・サービス
薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
新聞速効活用術
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報