TOP > HEADLINE NEWS ∨ 

【薬価部会】特許期間中の薬価維持を‐製薬協など新薬加算見直し要望

2021年05月14日 (金)

 中央社会保険医療協議会薬価専門部会は12日、2022年度薬価制度改革に向け、関係業界から意見を聞いた。日本製薬工業協会や米国研究製薬工業協会(PhRMA)、(EFPIA)からは、特許期間中の新薬について薬価を維持する仕組みの拡充を求める声が相次いだ。新薬創出等加算の対象除外品目で、収載後に有用性が高い効能追加が得られた場合には対象に加えるようルール見直しを要望した。再算定の適用についても個々の効能追加の状況に応じて要件を緩和する措置を求めた。

 製薬協の中山讓治会長は、「薬価制度の抜本改革以降、特許期間中の新薬の薬価を引き下げる方向でのルール見直しが繰り返されてきた。欧米と同じように特許期間中は、薬価を維持できる市場を実現していただきたい」と要望。




‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事

薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
アカウント・RSS
RSSRSS
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
製品・サービス
薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
新聞速効活用術
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報