HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【小野薬品】3000億円到達も「目標は先」‐相良社長、カモスタット承認申請に意欲

2021年05月14日 (金)

 小野薬品の相良暁社長は11日、ウェブ上で開いた決算説明会で、2021年3月期の連結売上高が3000億円を超えたことを「当然喜ぶべき」とした上で、「まだ道半ばで目標は先にある」と語った。さらなる成長に向けては、免疫チェックポイント阻害剤「」の適応拡大や各種パイプラインの拡充に加え、「米国展開が今後の大きなポイントになる」と話した。

 同社は、米国現地法人をマサチューセッツ州ケンブリッジに移転し、4月に新オフィスを開設した。相良氏は「米国で臨床試験を展開し、承認を取得して販売するシナリオを描いている。まずはニッチなところで進めたい」と言及。日本で上市した中枢神経系原発悪性リンパ腫治療薬「ベレキシブル」や新たな開発品など、米国でいくつかの候補の開発を進める考えを示した。


[ 記事全文 ]

* 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。



‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事

検索
アカウント / RSS
RSSRSS
薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
注目企画
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
製品・サービス
薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
新聞速効活用術
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報