HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【国内製薬大手21年3月期決算】主力品伸びるも全社減収‐減損や開発費が利益を圧迫

2021年05月14日 (金)

 国内大手製薬企業4社の2021年3月期決算(連結)が出揃った(表参照)。各社とも主力のグローバル製品が好調に推移し、成長の底堅さを見せたものの、事業売却や契約終了などによる売上減が影響し、揃って減収となった。利益面でも、武田薬品が武田コンシューマーヘルスケア売却に伴う譲渡益の計上などで大幅増益となったことを除くと、アステラス製薬は遺伝子治療薬の開発計画見直しによる減損損失、第一三共とエーザイは研究開発費の増加や販売マイルストンの減少が重荷となり、二桁の大幅減益となった。22年3月期は、主力品の売上拡大を背景に一転して4社で増収予想。武田を除く3社が営業増益に回復する見通しだ。

 売上高を見ると、武田は、消化器疾患領域で主力品の潰瘍性大腸炎治療薬「エンティビオ」が23.6%増の4293億円と大幅に伸長した。酸関連疾患治療薬「タケキャブ」も日本での新規処方が拡大し、16.7%増と二桁の伸びを示したが、希少疾患領域が6.8%減、癌領域が1.1%減、ニューロサイエンス領域も4.8%減と不振だったことに加え、事業売却や為替の影響もあり、全体で2.8%の減収となった。


[ 記事全文 ]

* 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。



‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事

検索
アカウント / RSS
RSSRSS
薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
注目企画
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
製品・サービス
薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
新聞速効活用術
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報