HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【参天製薬が新中計】25年度に売上高3150億円‐海外比率50%超目指す

2021年05月21日 (金)

 参天製薬は19日、2025年度を最終年度とする5年間の中期経営計画を発表した。25年度に売上高3150億円以上、フル営業利益率21%以上の達成を目指す。20年度の売上高に約650億円を上積みする格好で、大部分を海外での増収や新規疾患治療薬の売上増でまかなう計画。海外売上比率は20年度比18ポイント増の50%以上の達成を目指す考えだ。

 目標値として、ほかにはROE13%以上、株式値上がり益と配当を合計した株主総利回り(TSR)は製薬業界中央値以上の達成を目指す。

 目標売上高のうち日本では、20年度比12.3%減の1500億円で推移すると見込む。眼科用VEGF阻害剤「アイリーア」の特許切れや薬価改定の影響を受ける見通し。


[ 記事全文 ]

* 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。



‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事

検索
アカウント / RSS
RSSRSS
薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
製品・サービス
薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
新聞速効活用術
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報