HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【PRISM研究チーム】創薬標的候補の探索成功‐臨床情報DBをAIで解析

2021年07月30日 (金)

 官民研究開発投資拡大プログラム(PRISM)の研究チームは、新たに開発した人工知能(AI)で肺癌と特発性肺線維症(IPF)の創薬標的候補を探索することに成功した。対象疾患患者の各種臨床情報に基づく大規模データベース(DB)を独自に構築し、AIで解析することで、既知情報が限られている疾患でも創薬標的を探索できる可能性を示した。開発したAIやDBを維持し、産業界で活用してもらうためにオープンプラットフォームを立ち上げ、今年度末から運用を開始する計画だ。

 研究チームは、新薬創出を加速するAIの開発をテーマに、約4年前から産学官で連携して研究を進めてきた。2019年度には肺癌やIPFの各種臨床情報を集積したDBを構築。現在は肺癌約1600症例、IPF約1000症例の情報を集積している。


[ 記事全文 ]

* 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。



‐AD‐
関連キーワードで記事検索

関連キーワードはありません

HEADLINE NEWS 新着記事

検索
アカウント / RSS
RSSRSS
薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
注目企画
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
製品・サービス
薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
新聞速効活用術
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報