HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【NPhA】後発品への変更率が減少‐首藤会長「衝撃的なこと」

2021年08月19日 (木)

 (NPhA)は、薬局における後発品供給の現状を把握するため「後発品供給に関する緊急調査」を実施した結果を公表した。それによると、後発品変更率の推移は2020年12月をピークに下降に転じ、21年6月にはピーク時よりも1.4ポイント減の83.7%まで低下した。首藤正一会長は、「目に見えて下がっており、衝撃的な数字だ」と危機感を示した。

 今回の緊急調査は、7月30日から今月4日までの期間で行われた。調査対象は薬局薬剤師で、435薬局から協力を得た。

 主な調査結果を見ると、後発品供給の現状のうち、受発注・在庫管理については、「相次ぐ自主回収、出荷調整により数十品目もの新規採用をしており、いくつもの銘柄を採用することで在庫管理だけでなく、調剤業務も煩雑になっている」ことが判明。


[ 記事全文 ]

* 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。



‐AD‐
関連キーワードで記事検索

関連キーワードはありません

HEADLINE NEWS 新着記事

検索
アカウント / RSS
RSSRSS
薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
注目企画
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
製品・サービス
薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
新聞速効活用術
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報