HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【大日本住友製薬】SPEの全株式を譲渡‐ラツーダ欧自販から撤退

2021年08月24日 (火)

 大日本住友製薬は、英子会社のサノビオン・ファーマシューティカルズ・ヨーロッパ(SPE)の全株式を、英投資会社のインフレクションに譲渡したと発表した。これまでSPEを通じて、欧州で非定型抗精神病薬「」を販売してきたが、市場環境などを踏まえて売却を決断。欧州では自社販売から撤退することとなった。

 同社は、欧州におけるラツーダの販売が後発品との競合によって苦戦。米国では売上が年間2000億円規模だが、欧州では約30億円の売り上げにとどまっていた。


[ 記事全文 ]

* 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。



‐AD‐
関連キーワードで記事検索

関連キーワードはありません

HEADLINE NEWS 新着記事

検索
アカウント / RSS
RSSRSS
薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
注目企画
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
製品・サービス
薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
新聞速効活用術
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報