TOP > HEADLINE NEWS ∨ 

【塩野義製薬】手代木社長「海外でも臨床試験実施へ」‐開発中のコロナ経口薬

2021年11月05日 (金)

 塩野義製薬の手代木功社長は1日、都内で開いた中間決算説明会で、開発中の新型コロナウイルス感染症の経口投与治療薬「S-217622」について、9月末から国内で第II/III相試験を開始したものの、感染者数が急減したことから、目標症例数を集めるために海外でも試験を実施する方針を明らかにした。予定通り、年内の国内申請を目指す考え。

 第II/III相試験は、無症候や軽症の感染患者約2100人を高用量、低用量、プラセボの3群に分けて実施する計画。感染者が減少する国内だけでこの症例数を確保するのは困難と判断し、海外の症例も組み込むことを決めた。韓国とシンガポールで10日以降、患者組み入れが始まる見込みで、同様にベトナムやイギリスでも開始する見通し。

[ 記事全文 ]

* 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。




‐AD‐
関連キーワードで記事検索

関連キーワードはありません

HEADLINE NEWS 新着記事

おすすめ情報‐AD‐
薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
アカウント・RSS
RSSRSS
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
製品・サービス
薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
新聞速効活用術
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報