TOP > HEADLINE NEWS ∨ 

【サワイGHD】包装単位の集約化推進‐時間的ロス省き増産図る

2022年02月07日 (月)

 サワイグループホールディングス(サワイGHD)は、ジェネリック医薬品の増産に向け、生産工程で既存品の包装単位の集約化を進める。ウイークリー包装などの一時停止による機械の切り替え時間を削減し、包装工程の時間的ロスを省くことで増産につなげたい考えだ。

 1日のオンライン記者会見で、上席執行役員グループマーケティング統括役員の西村誠治氏が明らかにした。集約化の対象は41成分76包装形態で、140錠と700錠のウイークリー包装を全て100錠包装に切り替える。西村氏は「理論上は、1年間で約1200時間削減でき、その時間で2億錠程度製造できる。必要な医薬品が届かないという状況が収まるまでは切り替えを進める」との方針を示した。


[ 記事全文 ]

* 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。


‐AD‐

関連キーワードで記事検索

関連キーワードはありません

HEADLINE NEWS 新着記事

おすすめ情報‐AD‐
薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
アカウント・RSS
RSSRSS
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
製品・サービス
薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
新聞速効活用術
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報