TOP > HEADLINE NEWS ∨ 

【都薬】調剤料再編は「大改定」‐永田会長、22年度改定に高評価

2022年02月25日 (金)

 東京都薬剤師会の永田泰造会長は18日の定例会見で、2022年度調剤報酬改定の答申内容について言及。調剤料が再編成されたことに対し「大改定が行われたと思っている」と語った。

 永田氏は、22年度改定について「服薬情報提供のあり方や服用薬剤調整支援料など患者のフォローアップや患者の状態を診ながら行う適切な医療連携に対する評価を点数化してくれた」と評価。今後に向けては「薬剤師が各薬局でしっかりやらないと、対物業務しかやらない薬剤師像という評価を受けてしまう。(調剤の一連業務で)対人業務と対物業務が重なっている部分があるが、対人業務を中心とする中で対物の取り扱いの仕方をすれば、その評価はされていくのではないか」との見方を示した。


[ 記事全文 ]

* 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。


‐AD‐

関連キーワードで記事検索

関連キーワードはありません

HEADLINE NEWS 新着記事

おすすめ情報‐AD‐
薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
アカウント・RSS
RSSRSS
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
製品・サービス
薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
新聞速効活用術
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報