TOP > HEADLINE NEWS ∨ 

【21年IQVIA調査】国内医薬品市場、2年ぶりプラス成長‐販促売上は中外が初の首位

2022年02月24日 (木)

 IQVIAは17日、2021年の国内医療用医薬品市場が薬価ベースで2.2%増の10兆5990億円と2年ぶりのプラス成長になったと発表した。新型コロナウイルス感染拡大や中間年薬価改定の影響を受けたものの、病院市場の伸びなどでカバーした。総売上高は7年連続で10兆円を上回った。販促活動による売上順位は、中外製薬が初めてトップに浮上。売上上位10製品では、抗癌剤「キイトルーダ」がトップを維持した。1000億円超の大型製品は6製品に拡大した。

 病院市場は4.2%増の4兆9100億円と増加に転じ、薬局その他市場は1.5%増の3兆7030億円と2年ぶりのプラス成長となったが、開業医市場は1.4%減の1兆9860億円と2兆円を割り込み、2年連続のマイナス成長となった。


[ 記事全文 ]

* 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。


‐AD‐

関連キーワードで記事検索

関連キーワードはありません

HEADLINE NEWS 新着記事

おすすめ情報‐AD‐
薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
アカウント・RSS
RSSRSS
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
製品・サービス
薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
新聞速効活用術
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報