TOP > HEADLINE NEWS ∨ 

【日本バイオシミラー協議会】がん研究センター中央病院・後藤氏、高額療養費制度見直し必要‐バイオ後続品普及に妨げ

2022年02月28日 (月)

 国立がん研究センター中央病院呼吸器内科外来医長の後藤悌氏は、日本バイオシミラー協議会が24日に開催したセミナーで講演し、高額療養費制度の適用でバイオ後続品に切り換えても患者の自己負担額があまり変わらない問題について、「社会のメリットをステークホルダーが享受できていない」と指摘し、制度の見直しを訴えた。

 後藤氏は、上市されている肺癌適応のバイオ医薬品では、最も安い薬剤で1カ月当たり約50万円、免疫チェックポイント阻害剤などの高価な薬剤で約170万円に上るとし、「バイオ医薬品が高額医薬品の担い手になっている」と紹介した。


[ 記事全文 ]

* 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。


‐AD‐

関連キーワードで記事検索

関連キーワードはありません

HEADLINE NEWS 新着記事

おすすめ情報‐AD‐
薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
アカウント・RSS
RSSRSS
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
製品・サービス
薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
新聞速効活用術
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報