TOP > HEADLINE NEWS ∨ 

【薬ゼミ】第107回薬剤師国試、合格ラインは前回同水準か‐新型コロナ関連の出題も

2022年02月28日 (月)

薬ゼミが自己採点

 19、20日に実施された第107回薬剤師国家試験で、薬剤師国家試験予備校大手「医学アカデミー薬学ゼミナール」(薬ゼミ)が全受験者を対象に自己採点を実施した結果、25日現在で平均総合正答率は68.2%となり、前回と同じ難易度となった。合格基準は必須問題での足切りや禁忌肢を考慮し、平均点と標準偏差を用いた相対基準が用いられており、薬ゼミは「第106回とほぼ同程度の合格ラインになる」と分析。ただ、卒業延期生の受験がどのように影響するかが不明確としている。

 25日時点での「薬ゼミ自己採点システム」に入力した受験者1万2116人の集計を行ったところ、平均総合正答率は68.2%と第106回と同じ難易度の国試となった。第105回の平均総合正答率67.7%と比べると、やや易しかった。


[ 記事全文 ]

* 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。


‐AD‐

関連キーワードで記事検索

関連キーワードはありません

HEADLINE NEWS 新着記事

おすすめ情報‐AD‐
薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
アカウント・RSS
RSSRSS
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
製品・サービス
薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
新聞速効活用術
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報