TOP > HEADLINE NEWS ∨ 

【大幸薬品】クレベリン措置命令に反論‐柴田社長「法的措置講じる予定」

2022年03月03日 (木)

 大幸薬品の柴田高社長は、オンラインで開催した2021年12月期決算説明会で、1月20日に消費者庁からクレベリン関連4商品に対する措置命令が出されたことに対して、「エビデンスがある。法的に措置を講じる予定だ」と語った。

 消費者庁の措置命令では、大幸薬品が供給するクレベリン関連4商品(クレベリンスティックペンタイプ、同スティックフックタイプ、同スプレー、同ミニスプレー)の表示について、これら商品から発生する二酸化塩素の作用で、身の回りの空間に浮遊するウイルス・菌が除去、除菌される効果の表示について、「同社から提出された資料では、合理的根拠を示すものではなかった」とし、表示行為の取り止めなどを求めている。


[ 記事全文 ]

* 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。


‐AD‐

関連キーワードで記事検索

関連キーワードはありません

HEADLINE NEWS 新着記事

おすすめ情報‐AD‐
薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
アカウント・RSS
RSSRSS
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
製品・サービス
薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
新聞速効活用術
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報