HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【武田薬品】重症セプシス治療薬の開発を中止

2009年2月24日 (火)

 武田薬品は、日米欧で国際共同第III相試験を実施している重症セプシス治療薬「TAK‐242」の開発を中止する。

 TAK‐242は、武田薬品が創製した新規TLR(Toll様受容体)4シグナル伝達阻害薬。2005年7月に米FDAからファストトラック(迅速審査指定を受け、日米欧で国際共同第III相試験を実施していたが、社内の評価基準に合致しないことが判明。有効性・安全性に問題はないものの、全体の開発戦略を踏まえた上で、開発中止を決定した。

 TAK‐242の開発中止による研究開発費、業績見込みに与える影響は軽微としている。

関連リンク



‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事

薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載について

薬事日報ウェブサイトに広告を出稿してみませんか?

薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録