HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【大正製薬】男性用発毛剤『リアップX5』を6月に発売‐ミノキシジルを従来の5倍量配合

2009年2月25日 (水)

 大正製薬は23日、発毛成分ミノキシジルを5%配合したOTC医薬品の製造販売承認を、厚生労働省から取得したと発表した。新たに承認されたのは、従来品の「リアップ」に比べ、ミノキシジルを5倍量配合した男性用発毛剤で、名称は「リアップX5」、包装は60mL。今年6月に発売の予定だ。

 ミノキシジル製剤は、世界90カ国以上で医療用医薬品として、また約40カ国でOTC医薬品として販売されている。日本では大正製薬が99年に、国内初のダイレクトOTCとして、『壮年性脱毛症における発毛、育毛及び脱毛(抜け毛)の進行予防』の効能を持った男性用発毛剤「リアップ」(ミノキシジル1%製剤)を発売し、初年度の売上高が297億円を記録するヒット商品となった。

 同社ではその後も、05年からは女性用の「リアップレディ」を投入したほか、昨年1月には主成分のミノキシジルに加え、頭皮環境を活性化する成分を配合した「リアッププラス」を新発売するなど、シリーズの充実を図ってきた。毛髪用剤市場において、「リアップ」シリーズは10年連続でトップシェアを維持している。

 新製品の「リアップX5」は、日本で初めてミノキシジルを5%配合した。大正製薬では「日本で実施した臨床試験で、従来品(1%製剤)と比較して高い有効性を示すデータが得られた」としており、今後は、より発毛効果の高い『リアップX5』を男性用リアップシリーズの基幹商品に据えていく考え。

関連リンク



‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事

薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載について

薬事日報ウェブサイトに広告を出稿してみませんか?

薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録