TOP > HEADLINE NEWS ∨ 

【日薬調査】抗菌薬使用「2年で3割減」‐マクロライド系は約4割減

2022年03月07日 (月)

 昨年1月時点の薬局における抗菌薬使用量が2019年1月に比べ、3割以上減少していたことが日本薬剤師会が実施した調査で明らかになった。第3世代セファロスポリン系薬が37%、キノロン系薬が31%、マクロライド系薬が39%減少していた。日薬は、「コロナ禍で感染者数や受診数が減少した影響を考慮に入れる必要があるものの、耐性菌対策で考えると良い結果ではないか」と評価している。

 調査は、全国2643薬局を対象に、19年1月と6月、21年1月と6月の四つの期間で実施。薬局のレセプトコンピュータシステムに保存されている調剤記録から抗菌薬の使用量を全数抽出し、使用状況を把握するための指標に換算した後、都道府県単位で集計を行った。


[ 記事全文 ]

* 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。


‐AD‐

関連キーワードで記事検索

関連キーワードはありません

HEADLINE NEWS 新着記事

おすすめ情報‐AD‐
薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
アカウント・RSS
RSSRSS
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
製品・サービス
薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
新聞速効活用術
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報