TOP > HEADLINE NEWS ∨ 

【中外製薬】奥田社長、副作用管理支援に重点‐薬剤師へDB活用呼びかけ

2022年03月24日 (木)

奥田修社長

奥田修社長

 中外製薬の奥田修社長は17日に行った記者懇談会で、専門性の高い医薬品を数多く製造販売していることから医療従事者に対する情報提供活動は「非常に重要」との認識を示し、薬剤師のニーズの高い副作用マネジメントに関する情報を重点的に提供していく方針であることを改めて説明した。併せて薬剤師に対し、現場での副作用マネジメントに資する同社の「副作用データベース」の使用登録、活用を呼びかけた。

 同社は、免疫チェックポイント阻害剤や抗体医薬といった抗癌剤など専門性の高いスペシャリティケア製品が主力で、大学病院など専門医療を行う医療機関を中心に情報提供活動を行っている。


[ 記事全文 ]

* 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。


‐AD‐

関連キーワードで記事検索

関連キーワードはありません

HEADLINE NEWS 新着記事

おすすめ情報‐AD‐
薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
アカウント・RSS
RSSRSS
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
製品・サービス
薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
新聞速効活用術
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報