TOP > 企画 ∨ 

【日本薬学会第142年会】シンポジウムの概要 大学院生・学部生シンポジウム‐データ駆動型アプローチによる医薬品の毒性予測

2022年03月23日 (水)

オーガナイザー
 片山早紀(名市大院薬)
 家田維哉(名市大院薬)

 医薬品開発において、候補化合物がドロップアウトする主な要因の一つとして副作用が挙げられる。そこで、副作用発現リスクを開発の初期段階に制御することが望まれている。近年、医薬品の有害性の評価を迅速かつ効率的に実施するために、インシリコ手法の活用が注目されている。インシリコ手法とは、コンピュータによる数値計算やシミュレーションによって医薬品の薬理効果や薬物動態などを予測・再現する手法である。

 本シンポジウムでは、医薬品に関連する既存の副作用データベースや独自に収集した副作用データを活用し、機械学習や統計等のモデリング技術を用いることで、医薬品の有害性を評価するインシリコ手法の開発状況を紹介する。また、インシリコ手法の活用が、医薬品開発の効率化において有用であることのエビデンスの集積を目指して、本分野の研究者を一堂に集め今後の展望についても議論したい。

 (片山早紀



‐AD‐

関連キーワードで記事検索

関連キーワードはありません

企画 新着記事

おすすめ情報‐AD‐
薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
アカウント・RSS
RSSRSS
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
製品・サービス
薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
新聞速効活用術
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報