TOP > 企画 ∨ 

【日本薬学会第142年会】シンポジウムの概要 理事会企画シンポジウム‐デジタルヘルスケアの現状と展望

2022年03月23日 (水)

オーガナイザー
 岩渕好治(東北大院薬)
 石井伊都子(千葉大病院薬)
 佐々木茂貴(長崎国際大薬)

 デジタル変革の潮流が、医療の構造と概念に変容をもたらしつつある。スマートフォンやPCは日常に溶け込み、息をするようにSNSを使いこなし、世界の情報をタイムラグなく取り込むことができるデジタルネイティブ世代が社会を支える時代となってきた。創薬や臨床まで、あらゆる場面でデジタル技術が浸透し始めていることを感じている方も多いと思う。

 では、何がどこまで進んでいて、今後どのようになっていくのか。新型コロナウイルス感染症のため、学会等でのタイムリーな情報交換が困難となっている中、日本薬学会理事会では、そのビジョンを会員の皆さんとぜひ共有したいと考えた。

 本シンポジウムでは、創薬・医療・行政の最先端でデジタル変革を推進する第一人者をお招きして、広域の薬学研究におけるデジタル技術の実態を講演いただき、今後の薬学の展望について皆さんと議論を始める契機としたいと考えている。

 (岩渕好治



‐AD‐

関連キーワードで記事検索

関連キーワードはありません

企画 新着記事

おすすめ情報‐AD‐
薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
アカウント・RSS
RSSRSS
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
製品・サービス
薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
新聞速効活用術
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報