TOP > HEADLINE NEWS ∨ 

【PMDA】SNSで副作用兆候検出‐24品目対象に試行調査開始

2022年04月18日 (月)

 医薬品医療機器総合機構(PMDA)は今年度、発売直後の新薬などを対象に、ソーシャルネットワーキングサービス(SNS)を安全対策の一環として活用するための試行調査を開始する。SNS上の副作用情報データを効率的に抽出し、副作用の兆候となる安全性シグナルとして早期に検出できるかSNSの活用可能性を模索したい考え。現在、調査委託業者を入札している段階にあり、6月には事業者が選定される予定。24品目程度を対象に6月から12月まで調査を行い、有用性を評価する。

 PMDAは、2018年度から患者副作用報告制度をスタート。患者を安全対策に組み入れた取り組みに着手したが、20年度の医薬品副作用報告を見ると、製薬企業からの報告が82%と多くの割合を占め、患者副作用報告は0.2%にとどまっている。


[ 記事全文 ]

* 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。


‐AD‐

関連キーワードで記事検索

関連キーワードはありません

HEADLINE NEWS 新着記事

おすすめ情報‐AD‐
薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
アカウント・RSS
RSSRSS
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
製品・サービス
薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
新聞速効活用術
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報