TOP > HEADLINE NEWS ∨ 

産業形態の再定義が必要‐第一三共・眞鍋社長「創薬中心からサービス提供へ」

2022年04月26日 (火)

眞鍋淳氏

 第一三共の眞鍋淳社長兼CEOは22日、都内で開催されたCPhIジャパンで講演し、製薬産業はデジタルトランスフォーメーション(DX)により、創薬中心から「患者、一般消費者に対しヘルスケアサービスを提供する産業形態への再定義」が迫られているとの認識を示した。同社としても、低分子医薬や抗体医薬に加え、デジタル治療ソリューションなど新たなモダリティの開発、実用化に向け「様々な企業やアカデミアなどのステークホルダーとエコシステムを構築し、(新たなサービスを作るための)トータルヘルスケアプラットフォームをリードしていきたいと思っている」と述べ、第一三共の目指す姿を説明した。

 眞鍋氏は、持続的な成長にはイノベーションが不可欠で、そのためにはデジタル化がカギと指摘した。自動車産業を例に、車の製造・販売だけでなく、MaaS(モビリティ・アズ・ア・サービス)を軸に移動から派生する観光、宿泊予約・決済、過疎地の安全な移動、カーシェアリングなどまで市場が広がり、産業構造まで変える勢いになっていることを紹介。


[ 記事全文 ]

* 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。


‐AD‐

関連キーワードで記事検索

関連キーワードはありません

HEADLINE NEWS 新着記事

おすすめ情報‐AD‐
薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
アカウント・RSS
RSSRSS
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
製品・サービス
薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
新聞速効活用術
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報