TOP > HEADLINE NEWS ∨ 

【鳥取大などグループ】ヒト抗体産生マウス作製‐安全性高い抗体医薬創出へ

2022年04月26日 (火)

 鳥取大学染色体光学研究センターの研究グループは、東京薬科大学や九州大学などとの共同研究で、独自の染色体工学技術を用いてヒト抗体遺伝子全長を安定的に保持するマウスの作製に成功した。このマウスがヒトに類似した多様な抗体レパトア(多様性)を再現し、抗原で免疫した際、抗原特異的モノクローナル抗体の取得効率が高いことから、ヒト抗体産生マウスは安全性の高いヒト抗体医薬品の創出に役立つと期待されている。

 研究グループは、染色体レベルでの遺伝子導入など、今回の研究の基盤となる染色体導入(トランスクロモソミック)マウス作製技術を世界に先駆けて開発してきた。独自の染色体工学技術により、マウス人工染色体(MAC)ベクターの開発に成功している。


[ 記事全文 ]

* 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。


‐AD‐

関連キーワードで記事検索

関連キーワードはありません

HEADLINE NEWS 新着記事

おすすめ情報‐AD‐
薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
アカウント・RSS
RSSRSS
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
製品・サービス
薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
新聞速効活用術
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報