TOP > HEADLINE NEWS ∨ 

【アストラゼネカ】COPD治療支援で協業‐ドラッグストアも参画

2022年05月12日 (木)

アプリの情報イメージ

アプリの情報イメージ

 慢性閉塞性肺疾患(COPD)治療薬を製造販売するアストラゼネカは、ヘルスケアベンチャー、医療機関、薬局が一体となってCOPD患者の受診や治療を支援する取り組みに、ドラッグストアを加えた。近年のドラッグストアの高まる存在感や多様な機能が着目された格好だ。「呼吸の日」の9日に同社は、スギ薬局の歩行記録アプリ「スギサポwalk」の活用よる潜在患者の早期受診を促進する効果の検証を始めたと発表した。200万超のダウンロード数の有力ドラッグストアのアプリが加わったことで、患者サポートのカバー範囲の広がりが期待できる。

 一連の取り組みは、アストラゼネカがヘルスケアベンチャー、自治体、大学などアカデミアと連携し、医療課題の解決を図るため2020年11月に立ち上げたオープンイノベーションイニシアチブ「i2.jp」から生まれたもの。


[ 記事全文 ]

* 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。


‐AD‐

関連キーワードで記事検索

関連キーワードはありません

HEADLINE NEWS 新着記事

おすすめ情報‐AD‐
薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
アカウント・RSS
RSSRSS
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
製品・サービス
薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
新聞速効活用術
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報