TOP > 人事・組織 ∨ 

新社長に井上氏が内定‐三津原氏は会長に就任 日本ジェネリック

2022年06月17日 (金)

井上氏

 日本ジェネリックは14日、常務取締役の井上祐弘氏が代表取締役社長に内定したと発表した。現社長の三津原庸介氏は代表取締役会長になる。23日に予定される株主総会、取締役会で正式決定する。

 同社は代表取締役2人体制を敷き、新たな経営体制になる。井上氏は現在、グループの長生堂製薬取締役だが、異動後も兼務する。

 今回の異動理由について同社は「現社長体制のもと、当社グループの医薬品製造販売事業の体制整備が進んできたことから、新たな経営体制に移行することで事業環境の変化にスピーディーに対応し、持続的な成長と企業価値向上を目指すため」としている。

 井上氏は1963年12月生まれ、58歳。2016年5月に日本ジェネリック入社し、人事総務部長を務め、17年6月から現職。



‐AD‐

関連キーワードで記事検索

関連キーワードはありません

人事・組織 新着記事

おすすめ情報‐AD‐
薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
アカウント・RSS
RSSRSS
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
製品・サービス
薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
新聞速効活用術
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報