TOP > HEADLINE NEWS ∨ 

【安全対策部会】エンペシド第1類据え置き‐投与部位疼痛など報告

2022年06月28日 (火)

 薬事・食品衛生審議会医薬品等安全対策部会は22日、バイエル薬品の外用抗真菌剤「エンペシドLクリーム」(一般名:クロトリマゾール)のリスク区分を評価し、現在の第1類に据え置くことを決めた。投与部位疼痛など未知の副作用が報告されていることなどを踏まえたもので、5月の安全対策調査会と同様の判断となった。

 同剤は、膣ガンジダの再発による発疹を伴う外陰部のかゆみを効能・効果とする抗真菌剤で、1日2~3回適量を患部に塗布する。


[ 記事全文 ]

* 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。


‐AD‐

HEADLINE NEWS 新着記事

おすすめ情報‐AD‐
薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
アカウント・RSS
RSSRSS
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
製品・サービス
薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
新聞速効活用術
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報