ヘリオス”を含む記事一覧

2020年06月15日 (月)

きょうの紙面(本号8ページ)
品質申請資料構造化で指針:P2 処方箋枚数が減少 NPhA調査:P6 コロナワクチン臨床試験へ 第一三共:P7 企画〈熱中症〉:P4~5

続きを読む »


2020年04月21日 (火)

 国内再生医療ベンチャーのヘリオスは、急性呼吸窮迫症候群(ARDS)などの治療法として開発中の体性幹細胞再生医薬製品「マルチステム」について、提携先の米ベンチャー「アサーシス」が新型コロナウイルス感染症を起因とするA

続きを読む »


2020年04月20日 (月)

きょうの紙面(本号8ページ)
PCRセンター設置 厚労省が容認:P2 オンラインでの対応要請 NPhA:P4 医療現場支援へ協業 ソニー・エムスリー:P6 細胞治療薬治験開始へ ヘリオス:P7

続きを読む »


2020年01月09日 (木)

 国内再生医療ベンチャーのヘリオスは、今年から他家細胞を用いた癌免疫療法の開発に乗り出す。ベンチャーから製薬企業への進展を目指す中、来年申請を目指す体性幹細胞医薬品「マルチステム」で黒字化を実現し、その後は市

続きを読む »


2020年01月08日 (水)

きょうの紙面(本号8ページ)
FIMガイダンスを改訂 厚労省:P2 年頭所感:P3~5 既存事業最大化に注力 エステー:P6 細胞医薬品で世界へ ヘリオス:P7

続きを読む »


2018年03月16日 (金)

きょうの紙面(本号8ページ、別刷「メディカル版」8ページ)
臨床研究法施行でQ&A:P2 薬物再乱用対策推進事業展開へ:P3 国内売上が15%増 MSD:P7

続きを読む »


2017年10月18日 (水)

 カメラメーカー大手のニコン完全子会社で、再生医療向け細胞生産のグローバル大手であるスイスのロンザとの業務提携により2015年に設立した「ニコン・セル・イノベーション」(NCLi)は、米バイオ企業のアサーシス

続きを読む »


2016年10月13日 (木)

 国内再生医療ベンチャーのヘリオスは、米アサーシスから導入した急性脳梗塞適応の体性幹細胞医薬品「マルチステム」の国内第II/III相試験を開始し、2019年秋の承認を目指す。まずはマルチステムを実用化し、非臨

続きを読む »


2016年10月12日 (水)

きょうの紙面(本号8ページ)
次期医療計画も5疾患記載:P2 学修習慣が国試合格に影響:P3 卸3社が店頭活性化を提案:P6 マルチステムの承認目指す ヘリオス:P7

続きを読む »


2016年09月16日 (金)

 近年、アンメットメディカルニーズへの対応の一環として、再生医療に関する注目度はより高くなっている。中でもiPS細胞の医療応用への関心は非常に大きい。  iPS細胞の実用化については、同細胞の生みの親である

続きを読む »


2016年07月29日 (金)

 大日本住友製薬と再生医療ベンチャー「ヘリオス」、臨床検査薬メーカーのシスメックスは、他家iPS細胞由来の網膜色素上皮(RPE)細胞の移植前免疫反応検査法を確立するための共同研究開発を開始した。他家細胞移植後の免疫抑

続きを読む »


2016年07月29日 (金)

きょうの紙面(本号8ページ)
緩和医療の体制充実で意見書:P2 ペプチドリーム 窪田氏に聞く:P12 企画〈薬局業務の効率化と質的向上を目指して〉:P3~10

続きを読む »


2015年08月24日 (月)

特別賞には理研発の「ヘリオス」  文部科学省と経済産業省は18日、2015年度の「大学発ベンチャー表彰」受賞者を決定したと発表した。文部科学大臣賞には、医薬候補化合物や蛋白質の結晶化等を受託する大阪大学発ベンチ

続きを読む »


2014年02月18日 (火)

 味の素と京都大学iPS細胞研究所(CiRA)は、動物・ヒト由来成分を含まないiPS/ES細胞用培地「StemFit」(ステムフィット)を開発した。「生物由来原料基準」をクリアした安全性に加え、安定した品質での長期培

続きを読む »


2013年12月04日 (水)

 「薬事日報」の記事タイトルをリスト形式で掲載。記事全文は「薬事日報 電子版」でご覧いただけます。(→ 「薬事日報 電子版」とは) ※「薬事日報 会員」は、記事タイトルをクリックすると、記事全文をご覧いただけます。

続きを読む »



※ 1ページ目が最新の一覧

‐AD‐
検索
アカウント / RSS
RSSRSS
薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
おすすめ情報‐AD‐
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
製品・サービス
薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
新聞速効活用術
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報