HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【ヘリオス】細胞治療薬の治験開始へ‐新型コロナ起因のARDSに

2020年04月21日 (火)

 国内再生医療ベンチャーのヘリオスは、急性呼吸窮迫症候群(ARDS)などの治療法として開発中の体性幹細胞再生医薬製品「マルチステム」について、提携先の米ベンチャー「アサーシス」が新型コロナウイルス感染症を起因とするARDS患者を対象とした第II/III相試験を開始すると発表した。国内では現在進行中のARDSを対象とした第II相試験で新たな評価対象群を追加し、患者の組み入れを行う。

 ARDSは、新型コロナウイルス感染症患者の主要な死因となっているが、現時点でARDS治療薬として米承認を取得している薬剤はない。同試験は、新型コロナウイルス感染症に伴う中等度・重度のARDS患者を対象とした第II/III相プラセボ対照二重盲検無作為化試験で、人工呼吸器を外した状態の日数などをプラセボと比較する。


[ 記事全文 ]

* 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。



‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事

検索
アカウント / RSS
RSSRSS
薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
注目企画
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
製品・サービス
薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
新聞速効活用術
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報