HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【カネカ】アビガン原薬を供給へ‐富士フイルムと合意

2020年04月21日 (火)

国内工場の体制整備

 カネカは16日、富士フイルムが新型コロナウイルス感染症治療薬として開発中の抗ウイルス薬「アビガン錠」(一般名:ファビピラビル)の原薬供給に合意したと発表した。同社が保有する国内工場の製造体制を整備し、7月には供給を開始する予定。

 アビガンは、国内では抗インフルエンザ薬として承認を取得している薬剤であり、新型コロナウイルス感染症に対して効果が期待されている。政府は今年度中に同剤の備蓄量を200万人分まで拡大することを決定しており、増産の要請を受けた富士フイルムは、7月に約10万人分、9月に約30万人分の生産実現を目指している。こうした背景から、富士フイルムから医薬品のプロセス開発力と製造技術で強みを持つカネカに原薬供給を要請することになった。


[ 記事全文 ]

* 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。



‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事

検索
アカウント / RSS
RSSRSS
薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
注目企画
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
製品・サービス
薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
新聞速効活用術
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報