HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【ヘリオス】細胞医薬品で世界に挑む‐他家の癌免疫療法に参入へ

2020年01月09日 (木)

鍵本忠尚氏

鍵本忠尚氏

 国内再生医療ベンチャーのヘリオスは、今年から他家細胞を用いた癌免疫療法の開発に乗り出す。ベンチャーから製薬企業への進展を目指す中、来年申請を目指す体性幹細胞医薬品「マルチステム」で黒字化を実現し、その後は市場規模の大きい癌領域でグローバル展開を目指す。鍵本忠尚社長は、「今年は重要な年になる。われわれにとっての本丸である細胞療法で世界に挑戦していく」と意欲を示した。

 同社は、眼科領域の細胞療法に特化した再生医療ベンチャーとして事業を展開している。マルチステムを足がかりに、研究開発やマーケティング・営業体制を持った製薬企業になることが目標となるが、次の事業の柱として他家細胞を用いた癌免疫療法に参入する。今年から日米での開発を視野に非臨床試験を実施する予定だ。


[ 記事全文 ]

* 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。



‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事

検索
アカウント / RSS
RSSRSS
薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
製品・サービス
薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
新聞速効活用術
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報