化学療法”を含む記事一覧

2006年09月25日 (月)

テモダールカプセル シェリング・プラウは、悪性神経膠腫治療薬「テモダールカプセル20mg/100mg」(一般名:テモゾロミド)を15日から新発売した。同剤は細胞毒性を示すアルキル化剤に分類され、経口投与で脳脊髄液に良好な

続きを読む »


2006年09月14日 (木)

 医薬関連のプレスリリースのタイトルをリスト形式で掲載。 心臓疾患・メタボリックシンドロームを合併した患者さんに対するアトルバスタチン(リピトール)の有用性に関する再解析データが『ランセット』誌に掲載されましたアステラス

続きを読む »


2006年08月18日 (金)

 今年度から薬学教育6年制がスタートした。漸く3カ月半が経過したばかりであり、これから試行錯誤を繰り返しながら、解決を図っていく必要のある課題が山積している。そうした中、文部科学省は6年制教育の実施に当たり、新たな薬学教

続きを読む »


2006年06月19日 (月)

 1980年に、癌は日本人の死亡原因の第1位となた。現在では死因の31%を占めるまでになっており、2015年には日本人の2人に1人が、癌で死亡するものと予測されている。 癌治療は手術、化学療法、放射線治療に大別される。そ

続きを読む »


2006年05月30日 (火)

 HER2陽性の早期乳癌の術後補助療法として、欧州委員会は「ハーセプチン」の追加適応を承認した。申請から3カ月の承認となった。日本では同適応で、スイスロシュが今年後半に申請を予定している。 HER2は、癌を誘発する遺伝子

続きを読む »


2006年05月26日 (金)

 原因不明で治療法も確立していない潰瘍性大腸炎(UC)の発症に Fusobacterium variumという細菌が関与している可能性が強いことが、国立京都国際会館で開かれた第54回日本化学療法学会で、大草敏史氏(順天堂

続きを読む »


2006年05月23日 (火)

 日本化学療法学会は日本嫌気性菌感染症研究会と合同で、「嫌気性菌感染症治療のガイドライン」を策定し、年内にも公表する。近く草案を化療学会のホームページに掲載し、会員らの意見を求めた上で修正を加え、成案とする予定だ。嫌気性

続きを読む »


2006年04月27日 (木)

 英国アストラゼネカは、進行非小細胞肺がん(NSCLC)のファーストライン治療(治療歴のない進行NSCLCの治療)で、イレッサ単独療法の使用を評価する初めての第III相試験(IPASS)をアジアで実施するため、被験者募集

続きを読む »


2006年01月20日 (金)

◆チーム医療の目覚ましい進展は、縦割り医療に大きな変革をもたらした。既に臨床現場では、当たり前の取り組みとして認識が深まりつつある。その領域も癌化学療法、感染制御、褥瘡、糖尿病、経腸栄養等と幅広く、あらゆる場面でチームの

続きを読む »



※ 1ページ目が最新の一覧

‐AD‐
薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
アカウント / RSS
RSSRSS
おすすめ情報‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
製品・サービス
薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
新聞速効活用術
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報