生涯研修”を含む記事一覧

2014年7月3日 (木)

第28回 地域ネットカンファレンス 2014年7月3日 追加 外来化学療法に薬剤師が関与する事例が多く紹介されてきました。また、被爆の問題に加え、危険薬剤の血管外露出の問題も注意しなくてはなり

続きを読む »


2014年5月29日 (木)

日時 6月25日 18:00~20:00 会場 城西国際大学紀尾井町キャンパス講堂(東京・紀尾井町) 参加費 無料 生涯研修認定制度認証の認定薬剤師

続きを読む »


2014年5月16日 (金)

第73回 抗がん剤研修会 2014年5月16日 追加 血液癌の診断・治療の最新知識および最新の薬物療法について研修する。 日時  2014年6月9日(月)19時00分~21

続きを読む »


2014年5月15日 (木)

「訪問だけが在宅医療ではない~薬局窓口でできる在宅準備~」研修会 在宅は別世界の話と思っているあなたにお勧めするセミナーです。 今や、薬剤師がバイタルサインをとる事が必要な時代と言われ、6年制薬剤師教育に

続きを読む »


2014年5月9日 (金)

※平成塾は薬剤師認定制度認証機構CPCより2010年5月に生涯研修機関(プロバイダー認証番号G-12)として認証を受けました。 2014年度一般社団法人昭薬同窓会・平成塾通信講座のご案内

続きを読む »


2014年5月2日 (金)

「管理者研修会」~実践編:問題解決能力を獲得しよう~ 薬局管理者には、日々の業務を遂行していく上で直面する、様々な問題や課題の解決能力が強く求められます。 本研修では、今店舗で困っている「平成26年度調剤

続きを読む »


2014年4月28日 (月)

第263回 病院薬学研修会 脳梗塞の約30%が心房細動によると言われている(心原性脳梗塞)。心房細動が持続すると心房内に血液がよどみ、血栓ができやすくなり、特に左房でできた血栓が脳に飛ぶと脳動脈が閉塞され脳梗塞

続きを読む »


2014年3月24日 (月)

6月からの通信講座 ★新設★ 慶應義塾大学 薬剤師継続学習通信講座WEB学習講座 慶應義塾大学薬剤師継続学習通信講座(★新設第VI講座高齢者支援薬剤師講座) ★新設★ 慶應

続きを読む »


2014年3月17日 (月)

第22回精神科薬物療法研修会  成人期ADHDや双極性障害についてはこれまで個々に学ぶ機会もあったが、対人関係の問題からくる社会不適応など共通点も多く、また両者の併存も知られているところであるため、今回は両疾患

続きを読む »


2014年3月10日 (月)

 大阪府薬剤師会は1、2の両日、大阪市内で大阪府薬未来を担う若手薬剤師フォーラムを開いた。日本薬剤師連盟企画実行委員の豊見敦氏が医薬分業の流れについて講演し、「薬剤師職能を確固たるものにするには、生涯研修と政

続きを読む »


2014年3月7日 (金)

「在宅オープンセミナー」~多職種連携実践における薬剤師の役割と使命~ 2014年3月7日 追加 昨今、多職種連携の実践が在宅医療の鍵とされ、患者への質の高いケアのためには、多職種が連携して

続きを読む »


2014年3月7日 (金)

 「薬事日報」の記事タイトルをリスト形式で掲載。記事全文は「薬事日報 電子版」でご覧いただけます。(→ 「薬事日報 電子版」とは) ※「薬事日報 会員」は、記事タイトルをクリックすると、記事全文をご覧いただけます。

続きを読む »


2014年2月19日 (水)

埼玉県病院薬剤師会 第13回学術大会 2014年2月19日 追加 一般演題 特にテーマ等は設定せず、日常業務、研究成果等を口頭発表で行う。また、最も優秀であると評価された演題には優秀

続きを読む »


2014年1月27日 (月)

第72回 抗がん剤研修会 2014年1月27日 追加 会員の癌治療及びがん化学療法の知識の習得、実践。今回は、婦人科癌とその化学療法を知る。 日時  2014年2月

続きを読む »


2014年1月16日 (木)

 日本病院薬剤師会は、会員が広く偏りのない知識を習得し、一定レベルを担保するための新たな生涯研修認定薬剤師制度を構築する。このため、日病薬では近く薬剤師認定制度認証機構による第三者認証を取得したプロバイダーを目指して

続きを読む »



※ 1ページ目が最新の一覧

‐AD‐
薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
アカウント / RSS
RSSRSS
おすすめ情報‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
製品・サービス
薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
新聞速効活用術
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報