膀胱癌”を含む記事一覧

2014年05月23日 (金)

【アステラス】前立腺癌治療剤「イクスタンジ(R)カプセル」新発売のお知らせ
【アストラゼネカ】2型糖尿病治療薬「フォシーガ(R)錠5mg、10mg」新発売のお知らせ
【大塚製薬】腎臓の希少疾病ADPKD患者さんのための錠剤「サムスカ(R)錠30mg」を国内で発売

続きを読む »


2014年05月16日 (金)

【あすか製薬】高血圧症治療剤「カンデサルタン錠『あすか』」に関する事業化契約の締結について
【協和発酵キリン】弊社社員の医師主導臨床研究への関与について
【武田薬品】米国臨床腫瘍学会年次集会におけるTAK-700(一般名:orteronel)の 臨床第3相試験の最新データについて

続きを読む »


2014年04月11日 (金)

 武田薬品は8日、米ルイジアナ州西部連邦裁判所で係争中の2型糖尿病治療薬「アクトス」の製造物責任訴訟で、リスク周知が不十分だったために副作用で膀胱癌になったとする原告の主張を認める陪審評決があったと発表した。補償金1

続きを読む »


2014年04月11日 (金)

 「薬事日報」の記事タイトルをリスト形式で掲載。記事全文は「薬事日報 電子版」でご覧いただけます。(→ 「薬事日報 電子版」とは) ※「薬事日報 会員」は、記事タイトルをクリックすると、記事全文をご覧いただけます。

続きを読む »


2014年04月08日 (火)

【大日本住友製薬】てんかん治療剤「APTIOM(R)」(エスリカルバゼピン酢酸塩)の米国における新発売のお知らせ
【MSD】持続性ARB/利尿薬合剤「プレミネント(R)配合錠HD」新発売のお知らせ
【武田薬品】2型糖尿病治療剤「アクトス(R)」に起因する膀胱癌を主張する製造物責任訴訟の陪審評決について

続きを読む »


2012年05月18日 (金)

 国内大手製薬企業5社の2012年3月期決算(連結)が出揃った。第一三共とエーザイは、主力品の特許切れや円高が響き減収減益。特に第一三共は、印ランバクシーの米FDAとの和解費用計上で、純利益が大幅減益となったほか、エ

続きを読む »


2012年05月07日 (月)

 厚生労働省は電子カルテや処方・検査オーダリングシステムのデータに基づいた医薬品安全対策を推進するため、薬剤疫学分析手法に関するガイドライン作りに乗り出す。同省が構築している医療情報データベース(DB)を使って研究者

続きを読む »


2012年01月11日 (水)

 欧州委員会(EC)は、2型糖尿病治療薬「アクトス」(一般名:ピオグリタゾン)を含有する製剤について、添付文書の改訂を承認した。ピオグリタゾンの効能を明確にしたほか、投与禁忌と使用上の注意に関して、追記が行われた。欧

続きを読む »


2011年08月03日 (水)

 医薬品医療機器総合機構(PMDA)は、2型糖尿病治療薬「ピオグリタゾン」について、欧州医薬品庁が7月21日付で膀胱癌の患者・既往患者を禁忌に設定したことを受けて、改めて国内の添付文書の取り扱いを検討した結果、「膀胱

続きを読む »


2011年07月25日 (月)

 欧州医薬品庁(EMA)は、膀胱癌の発症リスク増加が指摘されている2型糖尿病治療薬「アクトス」(一般名:ピオグリタゾン)と「コンペタクト」(ピオグリタゾンとメトホルミンの配合剤)について、添付文書の変更を推奨すると公

続きを読む »


2011年07月13日 (水)

 武田薬品は、フランス国内で販売中の2型糖尿病治療薬「アクトス」(一般名:ピオグリタゾン)と「コンペタクト」(アクトスとメトホルミンの配合剤)の回収を開始する。規制当局の仏保健製品衛生安全庁から新規処方の差し止めを指

続きを読む »


2011年06月29日 (水)

◆膀胱癌治療中の患者に対する2型糖尿病治療薬「ピオグリタゾン」の使用を当面の間は見合わせるものの、それ以外の患者には、十分な事前説明を行った上で、使用を続けることを厚生労働省が決めた ◆対応方針を検討した薬事・食品

続きを読む »


2011年06月27日 (月)

 薬業界の専門紙「薬事日報」の記事タイトルをリスト形式で掲載。記事全文は「YAKUNET」でご覧いただけます。(→ YAKUNETとは) ※YAKUNET会員は、記事タイトルをクリックすると、記事全文をご覧いただけ

続きを読む »


2011年06月24日 (金)

 厚生労働省は24日、2型糖尿病治療薬「塩酸ピオグリタゾン」について、膀胱癌治療中の患者への投与を控えるよう、添付文書の改訂をメーカーに指示した。フランスと米国で行われた疫学研究で、膀胱癌の発生リスクが高まる傾向が認

続きを読む »


2011年06月13日 (月)

 フランスの規制当局である保健製品衛生安全庁は、武田薬品が販売中の糖尿病治療剤「アクトス」(一般名:ピオグリタゾン)と「コンペタクト」(アクトスとメトホルミンの配合剤)について、新規処方の差し止めを通達した。仏当局が

続きを読む »



※ 1ページ目が最新の一覧

‐AD‐
薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
アカウント / RSS
RSSRSS
おすすめ情報‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
製品・サービス
薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
新聞速効活用術
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報