麻薬”を含む記事一覧

2015年3月24日 (火)

 第一三共の米国子会社「第一三共インク」と英アストラゼネカ(AZ)は、オピオイド誘発性便秘治療薬「モバンティック」(一般名:ナロキセゴール)の米国を対象とした共同商業化契約を結んだ。4月上旬の米国発売を予定し、両社で

続きを読む »


2015年3月4日 (水)

内容 1.『医薬品、医療機器等の品質、有効性及び安全性の確保等に関する法律』に完全対応。 2.薬事関連3法を条文毎に、要旨、解説、関連政令・施行規則をセットにして掲載し、わかりやすく、体系的・実践

続きを読む »


2015年2月17日 (火)

 厚生労働省は、都道府県が地域医療構想を作るための「地域医療構想策定ガイドライン」案をまとめた。 (さらに…)

続きを読む »


2015年2月5日 (木)

 京都府薬剤師会が企画立案した「麻薬等在宅供給支援システム」を、長岡京市や向日市、大山崎町の薬局が組織する乙訓(おとくに)薬剤師会は、今年1月から全保険薬局(43件)での試行運用を開始した。京都府薬では同支援システム

続きを読む »


2015年2月4日 (水)

きょうの紙面(本号8ページ)
週1回投与DPP-4阻害剤了承:P2 在宅支援システム試行 京都府薬:P3 ジーラスタの新市場開拓へ:P7 企画〈花粉症〉:P4~6

続きを読む »


2015年1月14日 (水)

 塩崎恭久厚生労働大臣は9日の閣議後の会見で、危険ドラッグの取り締まりを強化するため、専任の麻薬取締官を現行の16人から2.5倍の41人に増員することを明らかにした。指定薬物を迅速に鑑定するため、鑑定担当の麻薬取締官

続きを読む »


2015年1月14日 (水)

きょうの紙面(本号8ページ)
医療保険制度改革で骨子案:P2 山本日薬会長が今年の抱負:P3 保険薬局調査の概要:P4~5 健康長寿センターと契約 英GSK:P7

続きを読む »


2015年1月9日 (金)

【厚労省】危険ドラッグ対策強化のため、麻薬取締部の体制を拡充します
【厚労省】第22回 医療上の必要性の高い未承認薬・適応外薬検討会議を開催します
【厚労省】第6回予防接種・ワクチン分科会の開催について

続きを読む »


2015年1月9日 (金)

全日本医薬品登録販売者協会会長 畑忠夫  昨年12月に師走選挙となり、アベノミクスが問われ、国民の信任を得ました。われわれが信頼する顧問の先生も、圧倒的勝利で国会に戻ってこられましたので、お慶び申し上げると共に

続きを読む »


2015年1月1日 (木)

主な内容
新春座談会:P3~9 女の一生にまつわるお話:P10~11 鎌倉について:P12 〈グラビア〉城西大学水田美術館 博覧会:P13~16 岡本かの子と薬:P18~19 麻薬・覚醒剤乱用防止運動 東京大会:P20~21 化粧品業界の話題:P22 企業の健康管理活動:P23 薬の名称の由来:P24~25

続きを読む »


2014年12月24日 (水)

きょうの紙面(本号8ページ)
介護報酬改定の基本的考え議論:P2 統合倫理指針を公布:P2 茨城県でモデル事業 クオール:P6 早期ADのPIII中止 ロシュ:P7

続きを読む »


2014年12月9日 (火)

 厚生労働省医薬食品局監視指導・麻薬対策課は、11月25日に稼働した医薬品等輸出入手続オンラインシステムの取り扱いに関する質疑応答集(Q&A)をまとめ、都道府県等担当者に通知した。既に紙媒体等で提出済みの輸入届出につ

続きを読む »


2014年12月8日 (月)

きょうの紙面(本号8ページ)
医療分野の番号活用を提言:P2 北里大薬学部50周年で懇親会:P3 近畿市場シェア拡大へ ケーエスケー:P7 企画〈咳とのどの薬〉:P4~6

続きを読む »


2014年11月14日 (金)

きょうの紙面(本号8ページ)
初のSMA認定試験を実施:P2 中四国学術大会の話題:P3 新中期計画を発表 富士フイルムHD」:P7 企画〈カイロ〉:P4~5

続きを読む »


2014年11月5日 (水)

瑞中は佐野氏ら5氏が受章  政府は3日、「2014年秋の叙勲」における勲章受章者を発令した。10月25日に閣議決定されたもの。薬学関係では、元昭和薬科大学理事長の林秀美氏が旭日中綬章を、瑞宝中綬章を元昭和薬科大

続きを読む »



※ 1ページ目が最新の一覧

‐AD‐
薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
アカウント / RSS
RSSRSS
おすすめ情報‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
製品・サービス
薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
新聞速効活用術
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報