HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【北里大グループ】リンパ球の細胞接着、制御機構を解明‐免疫難病治療法の開発に期待

2014年8月21日 (木)

 北里大学理学部の片桐晃子教授らは、関西医科大学の木梨達雄教授らと共同で、免疫細胞の一つであるリンパ球が細胞内の小胞輸送を制御する分子Rab13によって、接着や移動を制御する機構を明らかにした。この成果は、リンパ球の細胞接着を制御するメカニズムを分子レベルで詳細に明らかにしたもので、免疫難病の発症機構の解明や、免疫反応を促進したり、過剰な免疫反応を抑制したりする治療法の開発につながると考えられる。

 リンパ球は異物から生体を守る際に、血管を離れて組織に移動したり、抗原提示細胞と呼ばれる細胞から侵入した異物の情報を受け取ったりする。


[ 記事全文 ]

 * 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。



‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事
薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
おすすめ情報
‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載について
Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!(RSSとは

薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録