HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【米オラクル】PV業務のコンサルを強化‐タパー氏「RMPのアイデアに活用」

2016年6月23日 (木)

タパー氏

 米オラクル・コーポレーションは、日本市場向けに製薬企業が行う市販後医薬品の副作用報告など安全性監視業務(ファーマコビジランス:PV)支援を強化する。医薬品の「リスク管理計画」(RMP)に対応し、グローバルで販売するITシステムを用いて、煩雑なPV業務を効率化するためのコンサルティングサービスを提供する。RMPは制度が始まって3年経過するが、本来の目的を達成できているとはいえない。オラクル・ヘルス・サイエンシズ・コンサルティング(HSC)でグローバルPVディレクターを務めるサミア・タパー氏は、本紙のインタビューに応じ、「RMPでのアイデアを実現するために、われわれのツールを提供したい」と語った。

 同社は、製薬企業向けに臨床開発やPVに関連したITソリューションを提供するグローバル大手。PVでは、安全性情報管理ソリューション「アーガス」と、安全性シグナルを検知するソリューション「エンピリカ」の二つが主力だ。


[ 記事全文 ]

 * 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。



‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事
薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
おすすめ情報
‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載について
Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!(RSSとは

薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録