HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【都緩和医療研】緩和ケア、現場での課題を討論‐処方箋偏在や介護人材不足など

2016年10月11日 (火)

緩和ケア、現場での課題を討論

 第4回東京都緩和医療研究会学術集会が2日、東京清瀬市の明治薬科大学で開催され、シンポジウムでは、清瀬市などの「北多摩北部保健医療圏」における緩和医療の現状と課題が話し合われた。薬剤師や医師、看護師のそれぞれの視点から意見が述べられ、緩和ケアに関連した処方箋が一部の薬局に偏っていることや介護人材の不足など、現場から見た問題点や今後の対策が指摘された。

 明治薬科大学附属薬局管理薬剤師の中島正登氏は、「高齢化の進行と癌患者の増加により、地域緩和医療において保険薬局が担う役割が増えている」とした上で、清瀬市などを含む西武薬剤師会214薬局を対象に行った調査の結果を示した。


[ 記事全文 ]

 * 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。



‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事
薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
おすすめ情報
‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載について
Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!(RSSとは

薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録