HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【ロート製薬】日本初の自動細胞培養・保管システムを開発‐年間1800億個以上の細胞培養が可能に

2017年1月26日 (木)

ロートリサーチビレッジ京都内に設置された自動細胞培養装置

ロートリサーチビレッジ京都内に設置された自動細胞培養装置

 ロート製薬は20日、京都府木津川市の研究施設「ロートリサーチビレッジ京都」で、独自に開発を進めていた自動細胞培養・保管システムの発表会を開催した。会見で山田邦雄会長兼CEOは、「これまで人が手作業で行うなどスキルによるバラツキがあり品質コントロールが難しかった細胞培養について大量の細胞を短期間に製造し、品質の確保、コスト削減や労働環境の改善も期待できる」と自動細胞培養装置について説明。

 同装置では、間葉系細胞への分化能を持つ「間葉系幹細胞」の培養を行う。培養した細胞を今年春から夏にかけて基礎研究用途での提供を開始し、来年3月末には、特定細胞加工物製造許可への追加登録を行い、ヒトへの使用を可能にしていく考え。他家由来幹細胞を播種から培養、バイアル瓶の低温保存まで一貫して完全自働化した細胞培養装置は日本初という。


[ 記事全文 ]

 * 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。



‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事
薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
おすすめ情報
‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載について
Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!(RSSとは

薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録