HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【LEKコンサル】国内製薬は買収で商機を‐「買わないリスク」時代に

2017年2月1日 (水)

拠点獲得から製品・技術へ‐LEKコンサル・藤井氏

藤井氏

 2017年の製薬業界は、日系製薬企業による海外企業の買収が増加する1年になる可能性も出てきた。コンサルティング会社「LEKコンサルティング」日本代表の藤井礼二氏は、昨年から続くアステラス製薬や大日本住友製薬、武田薬品による買収の動きに関して、「規模追求型のM&Aではなく、重点領域の製品・技術を獲得するという明確な狙いが透けて見える」との見方を示し、製薬企業が“選択と集中による成長路線”に舵を切っている背景から、「今後も買収が活発化していくのではないか」と予測した。一方、日系製薬企業が保有する潤沢な手元資金を挙げ、買収に活用すべきとした。

 日本製薬企業の海外進出がテーマになる中、藤井氏は「海外の拠点整備が済んでいる企業」と「未整備の企業」の二つに大別できるとしている。買収を仕掛けた武田やアステラス、大日本住友に共通しているのが、確立した米国拠点を既に持っている企業ということだ。


[ 記事全文 ]

 * 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。



‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事
薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
おすすめ情報
‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載について
Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!(RSSとは

薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録