HOME > 無季言 ∨ 

ダイオキシンを丸のみ

2006年1月23日 (月)

◆京都大学農学研究科・村田幸作教授のグループは、自分より分子量の大きいダイオキシンを、丸のみして分解する細菌の合成に成功したと発表した
◆合成のベースになった細菌はスフィンゴモナス属で、体長の10分の1にも及ぶ大口を開いて高分子の栄養分を取り込み、体内にある4種類の酵素で分解するという特性を持つ。細菌は通常、体外に分解酵素を放出し、高分子物質を低分子に分解してから体内に取り込むが、スフィンゴモナスのようにエネルギー源を丸のみして体内で分解する細菌は、世界で初めての発見だという
◆村田教授らは、ダイオキシンを分解する細菌をスフィンゴモナスに組み込んで、同じような大口を作り、ダイオキシンの分解能力を増加させた。大きな口から大量のダイオキシンを取り込むことにより、従来の半分の時間で分解・除去できたという。また、従来なら死滅するダイオキシン濃度でも、増殖を続けた
◆今後さらに研究が進められ、重金属など有害物質の分解や、有用物質の効率的な生成を可能にする細菌の開発などが実現し、環境保全に貢献することを期待したい。




‐AD‐
関連キーワードで記事検索

無季言 新着記事

薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
おすすめ情報
‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載について

薬事日報ウェブサイトに広告を出稿してみませんか?

Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!(RSSとは

薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録