HOME > 無季言 ∨ 

健康は睡眠から

2006年2月20日 (月)

◆江戸時代の儒学者・貝原益軒は、その著「養生訓」の中で、不養生で体を損ねてしまうのは自刃するようなものだと、不摂生を戒めている。肥満、喫煙、ストレスなど、健康を害する言葉が次々に思い浮かぶ現代人にとって、耳の痛い話だ
◆不眠も現代人を悩ませる疾患の一つだが、養生訓では睡眠時の姿勢を、「必ず横向きでないといけない」と説いている。仰向けに寝ると気道が塞がり、うなされる場合があるからだという。また「一晩に5度寝返りを打つのが良い」とも記している
◆睡眠ポリグラフ検査などを用いて、疾患と睡眠の関連性を解明する研究が推進されている。その結果、睡眠の質の重要性が明らかにされ、益軒の睡眠に関する記載についても、科学的に裏づけられるようになってきた。閉塞性無呼吸症候群と関節リウマチとの関連性を示すデータも報告されている
◆中年以降に健全な睡眠を伴うライフスタイルを構築できれば、膠原病のみならず、生活習慣病にも予防的な効果が期待できるという。老人の入り口に差しかかり、正しい睡眠を心がけたいと思うこの頃である。




‐AD‐
関連キーワードで記事検索

無季言 新着記事

薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
アカウント / RSS
RSSRSS
おすすめ情報‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
製品・サービス
薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
新聞速効活用術
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報