HOME > 無季言 ∨ 

「薬育」と「育薬」

2006年02月22日 (水)

◆最近のテレビ番組では、クイズ形式の漢字、雑学などの学習もの、情報番組が大流行である。先日放映された番組では、薬の教育に関する企画が取り上げられていた
◆自由に手に入る大衆薬の正しい服用方法から、のみ合わせについての質問に、著名な医師が分かりやすく解説していた。特に、セルフメディケーションの考え方を普及・定着させていきたいと強調し、そのために小中学校などの教育で、薬の基礎を学習させるという意味から、「薬育」という言葉を使用していた
◆一方で、いま製薬業界が注力しているものに「育薬」がある。こちらは、市販された医薬品の情報を収集し、より使いやすく、より有効性の高い薬に育てていく活動という意味で使われる
◆薬育にしても育薬にしても、一般に使われる言葉とは思わないが、数多くの情報番組がある中、薬の最終消費者である国民の中で、違いを正しく理解している人は何人いるのだろう。言葉の意味や活動の中身について、どうしたら国民の理解が得られるのか、関係者も一考する必要があるのではないか。




‐AD‐
関連キーワードで記事検索

無季言 新着記事

薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
アカウント / RSS
RSSRSS
おすすめ情報‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
製品・サービス
薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
新聞速効活用術
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報