TOP > HEADLINE NEWS ∨ 

【大塚製薬】HAE薬ライセンス拡大‐アジアで開発・販売

2024年06月21日 (金)

 大塚製薬は18日、内臓を含めあらゆる部位で急な浮腫が起きる難病の遺伝性血管性浮腫(HAE)の発作抑制薬として米アイオニスが開発するドニダロルセンについて、大塚が日本を含むアジア地域で開発することになったと発表した。欧米では承認申請準備段階にあるが、アジア地域の開発は第I相試験から開始する。その後、海外臨床試験データをブリッジングすることについて当局と相談していく方針。国内申請時期は未定。

 同社は昨年12月、同剤の欧州における独占的販売権をアイオニスから取得している。今回、ライセンス地域を拡大し、日本を含むアジアにおける開発・販売を独占的に実施する契約を18日に締結した。大塚が進めている希少疾患治療薬の国際展開の一環として実施した。


[ 記事全文 ]

* 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。


‐AD‐

同じカテゴリーの新着記事

薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
HEADLINE NEWS
ヘルスデーニュース‐FDA関連‐
新薬・新製品情報
人事・組織
無季言
社説
企画
訃報
寄稿
新着記事
年月別 全記事一覧
アカウント・RSS
RSSRSS
お知らせ
薬学生向け情報
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
製品・サービス等
薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
新聞速効活用術