HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

10月に「PRO”NET」設立‐JM・CM・Kの3ネットが統合

2006年9月21日 (木)

会長に就任する岩崎氏(中央)
会長に就任する岩崎氏(中央)

 各地域で医薬品卸と医療機関の受発注オンライン化を進めてきたCM”NET協議会とJM”NET協議会、K”NET協議会の3者は10月1日付で発展的に統合し、「医薬品受発注ネット協議会」(PRO”NET)を設立する。ユーザーが広域化したため、各ネットワーク単体では、十分に対応できなくなったことが理由。関東・甲信越ブロックをエリアとするCM”NET、東海ブロックのJM”NET、近畿・北陸ブロックのK”NETが一本化し、広がるユーザーニーズに対応していく。今後は他地域で活動する協議会との統合も進め、活動範囲を広げていきたいとしている。CM”NETが20日に会見し明らかにした。

 PRO”NET会長には、現CM”NET会長の岩崎研太郎氏(アルフレッサ副社長)が就任する。岩崎氏は会見で、今回の統合をきっかけにして、「可能であれば北海道から沖縄といった他地域も含め、ネットワークとして共通のインフラを構築したい」と述べた。

 保険薬局などユーザーの広域化が進んで、各ネットワークにまたがる形での事業展開が始まっており、地域単位のネットワークでは対応できなくなってきたことから、共通のネットワーク構築の必要性が高まってきた。

 そこで2002年に3協議会の事務局が将来の方向性について検討し、[1]受発注データフォーマットの統一化、納品データフォーマットの作成[2]卸コードの一元化[3]終息する旧手順に対応する対応する次世代発注端末の共同開発[4]共同ネットワーク(VAN)センターの集約による処理料体系の引き下げと単価引き下げ[5]事務局運営を初めとする運営費の低減化[6]事務処理手続きの一元化、会員卸の業務手続き簡素化――に取り組んできた。06年4月からは、統合を前提とした代金請求の一元化も開始した。

 今回、請求一元化から6カ月の準備期間を経て、統合の条件と環境が整ったと判断し、発表した。ただし当面の運営は、現在の事務局が支店的な役割を果たすという。

 統合により利用医療機関数は約2万8000件、受発注送信データ数は、1カ月当たり1100万行となる。さらに今年度末までには、利用医療機関数で3万件、受発注送信データ数で1200万行を超える見込みとしている。




‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事
薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
おすすめ情報
‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載について

薬事日報ウェブサイトに広告を出稿してみませんか?

Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!(RSSとは

薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録