HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【JACDS調査速報】6割の店舗で第1類薬の売上が減少

2009年7月6日 (月)

 日本チェーンドラッグストア協会(JACDS)は6月から施行された改正薬事法に関し、現在会員企業にアンケート調査を行っているが、現時点までの状況(速報)を報告した。第1類の医薬品販売では、「昨年に比べて売り上げが減少した店舗が約6割ほどあるが、中には増加した店舗も1割強あった。リスク別シールの貼付については、シール不足などで完璧な対応には至っていないが、約9割の対応が確認された」(根津孝一常任理事・執行委員長)としている。

 新販売制度が始まって1カ月足らずの時点での調査で、全企業からの回答が集まっていない段階だが、第1類医薬品の売り上げは、回答企業全体を通じ、前年の同時期に比べ2~3割ほどのダウンが見られるという。その要因として、販売店舗数自体の減少、販売時間の減少、販売方法による機会損失(商品認知の低下、露出不足、顧客の手間など)などが挙げられた。

 JACDSでは今回のアンケート結果を元に、第1類医薬品の販売強化プロジェクトを立ち上げていく考えだ。

 行政指導状況については、6割ぐらいは協会作成のマニュアル通りに指導されているものの、残りの4割は、地域によってかなりバラツキのある指導も行われていることが分かった。JACDSでは会員企業の不満も大きいことから、「今後は統一的運用を行ってもらうよう、厚生労働省及び都道府県薬務課、地区保健所などに働きかけを行っていきたい」としている。

 3日の会見で根津氏は。自らの企業(ぱぱす)を例に、「薬剤師のモチベーションが変わったのが大きい。白衣をビシッと変え、私が売るんだという意識と責任感が目立つ」とし、こうした薬剤師の販売姿勢が登録販売者にも影響していることを挙げた。さらに新販売制度に関しては「ジワジワと顧客に受け入れられている。(個人的には)急速に他チャネルに医薬品販売が広がるとは考えていない。棲み分けはできてくると思う」とした。




‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事
薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
おすすめ情報
‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載について

薬事日報ウェブサイトに広告を出稿してみませんか?

Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!(RSSとは

薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録