HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【アステラス/日本ベーリンガー】ARB+利尿剤の合剤市場に参入‐「ミコンビ」を国内上市

2009年7月6日 (月)

 アステラス製薬と日本ベーリンガーインゲルハイム(NBI)は、アンジオテンシンII受容体拮抗剤(ARB)「ミカルディス」と少量利尿薬「ヒドロクロロチアジド」(HCTZ)の合剤「ミコンビ錠」を国内市場に投入し、競争が激化するARBと利尿剤の合剤市場に参入した。

 両社は、ミコンビとミカルディスの2剤でさらなる降圧剤のシェア拡大を目指す考え。2日に都内で記者会見したアステラス製薬執行役員営業本部副本部長プロダクトマーケティング部長の今堀勝氏は、「09年度は、ミカルディスとミコンビの2製剤で約718億円の売上を目指す」との目標を示した。

 両社が共同販促しているミカルディスは、2002年に上市され、08年度の売上高は約700億円。既に6月からミカルディスで効果不十分な患者を対象にミコンビを発売しており、中・高用量のARBとHCTZを組み合わせた2用量を揃えることで、競争が激化するARBと利尿剤の合剤市場で差別化を図る考えだ。




‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事

薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
おすすめ情報
‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載について

薬事日報ウェブサイトに広告を出稿してみませんか?

Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!(RSSとは

薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録