HOME > 無季言 ∨ 

オーストラリアがん協会のCMに学ぶ

2009年8月12日 (水)

◆オーストラリアがん協会のCMで、非常にインパクトを与えるものがある。出演するのは、既に亡くなった癌患者自身だ。チューブにつながれた患者は、カメラに向かって、「もうすぐ娘が見舞いに来る」と語る。その後「彼は10日後に亡くなって娘には会えなかった」とのテロップが流れる
◆このほかにも、きれいな肺を切り開いてタールを流し込む映像や、眼底の血管が破裂出血する映像、脳内出血の映像など、ショッキングな内容のものもある
◆グロテスクともいえる映像の衝撃に、賛否両論はあるものの、禁煙を呼びかける効果は抜群のようだ。CMを流し出した10年間で、喫煙率がおよそ6ポイント下がったとのデータもある
◆喫煙とは異なるが、日本の癌検診受診率は非常に低く、検診普及に向けて乳癌と子宮頸癌の無料検診がスタートする。検診手帳なども作成されたが、果たして検診率がどこまで向上するか未知数だ。国民へのPR力という意味では、オーストラリアのCM作成に学ぶところがあるかもしれない。




‐AD‐
関連キーワードで記事検索

無季言 新着記事
薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
おすすめ情報
‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載について

薬事日報ウェブサイトに広告を出稿してみませんか?

Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!(RSSとは

薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録