HOME > 無季言 ∨ 

マニフェストを読んでみよう

2009年8月10日 (月)

◆2008年度の概算医療費は前年度より1・9%増え、34・1兆円となった。集計対象となる医療費の範囲は異なるが、OECDヘルスデータによると、06‐07年の総保健医療支出の対GDP比は8・1%で、加盟国平均の8・4%を下回る。諸外国に比べれば、高い水準とは言えないようだ
◆総選挙を前に各政党のマニフェストが出揃った。自民・公明両党は従来の抑制方針を修正し、政権交替を狙う民主党はOECD平均並みに引き上げる必要性を訴えている。またその他の政党も、次期診療報酬改定はプラス改定の方針のように映る
◆さらに、医療提供体制などの公約を見ると、与党は後期高齢者医療制度の現実的な見直しを掲げるが、野党は大体、廃止の方向を打ち出している。このほか、医師数を増やすことや、小児や救急医療の充実、癌対策の強化などなど
◆こうした対策に、どれくらいの費用がかかるのかは詳しく書かれていないが、相当な費用になることは間違いない。税金にしても保険料にしても、国民が負担するもの。こうしたことを考えながら、マニフェストを見ていくのも面白いかもしれない。




‐AD‐
関連キーワードで記事検索

無季言 新着記事

薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
おすすめ情報
‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載について

薬事日報ウェブサイトに広告を出稿してみませんか?

Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!(RSSとは

薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録